行政書士一発合格マニュアル「行政書士試験ラクラク勉強法」 レビュー

このサイトは、坂庭つとむ先生/石井浩一先生の「(働きながら)147日で受かった! 残業サラリーマンの行政書士試験ラクラク勉強法」のレビュー、内容、効果などの情報を公開しています。

行政書士一発合格マニュアル「行政書士試験ラクラク勉強法」 レビュー


詳細はこちらをクリック


行政書士試験に一発合格できる人と何回も落ちる人の差とは?


行政書士試験は狭き門です。毎年、合格率は数%(一桁)ですので、数の上では落ちて当たり前の試験です。実際、何回受けても落ちてばかりの人が多くいます。


一方で、首尾よく行政書士試験に一発で合格してしまう人も少なからずいます。そのなかでも特に注目すべきは、まともに机に向かって受験勉強する時間が取れないほど忙しいのに、あっさり合格してしまった人です。


こうした「一発合格組」と「受験地獄組」は、いったい何が異なるのでしょうか?
それがわかれば、何年も受験勉強しなくてもすみますよね。


「一発合格組」と「受験地獄組」の差は、持って生まれた頭の良し悪しでもなければ、使っている教材の優劣でもありません。勉強を継続する意志の強さでもありません。


もちろん、これらの事も関係はありますが、もっと大事なことがあるのです。実は、一番大きな差は次の2点なんですね。


■ 「隙間時間を徹底的に活用すること」
■ 「生活サイクルに受験勉強を上手に組み込むこと」


行政書士試験の受験者には忙しいサラリーマンや主婦など、勉強時間を自由に確保できない人がたくさんいます。そのような人は隙間時間を有効利用して勉強するしかないわけです。隙間時間をいかに上手に使うかで合否が左右されるのです。


行政書士試験の受験者がよくやる正統的勉強法とは、時間をかけて基本書を初めから順番通りに理解していき、その後、過去問で確認して、できなかったところを覚え直すという方法でしょう。


しかし、幸か不幸か、隙間時間を使ってこの方法で勉強しようとすると挫折します。


なぜなら、なかなか記憶が定着しませんし、モチベーションが続きません。最初は張りきって始めても、1〜2ヶ月で挫折してしまうことが多いようです。


隙間時間を使った勉強には、それなりの「やり方」があるのです。


それと、「隙間時間を活用すること」は、十分に勉強時間を確保できる人にとっても大きな意味があります。というのは、隙間時間を活用するような勉強方法は記憶の定着に有効だからです。


「隙間時間を有効に活用しよう」という意識が強いと、ちょっとした時間もこまめに利用します。すると、インプットした内容を繰り返し確認することになります。つまり、覚えた事の確認作業(復習)の回数が多くなるので、記憶が定着しやすいのです。


隙間時間を活用したもっと具体的な勉強のやり方については、行政書士の坂庭つとむ先生・石井浩一先生がノウハウを公開しています。


2人とも行政書士試験に一発で合格していますので、そのノウハウは非常に参考になるでしょう。


特に、石井先生は法律知識がゼロからスタートして、たった147日で一発合格しています。しかも、1日の労働時間が14時間半という多忙なサラリーマンだったため、移動中などの隙間時間以外は受験勉強をほとんどできなかったと言います。


もう、おわかりだと思いますが、石井先生の隙間時間を活用した勉強方法のなかに、行政書士試験の短期合格に必要な秘密が隠されているのです。


一方、「受験地獄組」には共通点があります。上記の2番目のポイント「生活サイクルに受験勉強を上手に組み込むこと」ができていないのです。これができていれば、隙間時間もうまく活用できますし、勉強開始直後だけ猛烈に頑張ってすぐに息切れ、などということも無くなるはずです。


しかし、生活パターンは人それぞれなので、自分に合ったやり方で「生活サイクルに受験勉強を組み込むこと」を行わなければなりません。成功者はどんなやり方をしたのか、気になりますよね。


坂庭つとむ先生・石井浩一先生のノウハウは短期間で行政書士試験に合格するためのものです。法律系の資格試験は短期間で決着をつけないと面倒なことになるので、価値ある情報と言えるでしょう。


詳細はこちらをクリック




このサイトは、坂庭つとむ先生/石井浩一先生の「(働きながら)147日で受かった! 残業サラリーマンの行政書士試験ラクラク勉強法」のレビュー、内容、効果などの情報を公開しています。




姜先生のたった42日間で韓国語が上手くなる方法 レビュー


「パク・ナヨンの韓国語速習プログラム」 内容と効果


リスニングパワーTOEIC スコットペリー レビュー


行政書士試験ラクラク勉強法 坂庭つとむ・石井浩一 レビュー 内容 効果